ジコサポ ジコサポ ジコサポとは? ジコサポ マスコミ紹介 ジコサポ 支援者たち ジコサポ ジコサポ 交通事故について ジコサポ 労災について ジコサポ
ジコサポ
ダウンロード ダウンロード ダウンロード 流れ ダウンロード ダウンロード ダウンロード ダウンロード 求人
事務局にて無料相談受付中です。
どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。
本部〒432-8051
静岡県浜松市南区若林町858-6
NPO法人ジコサポ日本
メール配信中

愛媛県

1~1/全1件 1/1ページ

<< 前のページ | | 次のページ >>

道後はり灸接骨院 
地域:愛媛県
香川大輔
ジコサポ
専門:交通事故・労災

NPO法人ジコサポえひめ開設のご案内 
 

 皆様、初めまして。道後はり灸接骨院院長の香川大輔と申します。この度、NPO法人ジコサポ(交通事故と労災をサポートする会にほん)の愛媛県支部長を務めさせていただく事になりました。NPO法人ジコサポ愛媛県支部「ジコサポえひめ」では、事故に合われた被害者・被害者のご家族のご相談や、加害者・加害者のご家族のご相談を無料で受け付けています。

被害者と加害者~義妹の死について想う事~

 私は、池田啓二氏(愛媛県鍼灸師会名誉会長・旭日双光章受勲・厚生大臣賞受賞)の娘である家内と結婚後、夫婦で池田流の正統後継者として義父の治療院で施術修行を行いました。

義父の治療院は毎日多くの患者様が来院し、休日も不定期でした。特に私と家内には池田流の治療技術を継承するという事で、他の弟子たちと比べて修行は段違いに厳しくなりました。私達が診る患者様も日に80人を超え、休憩をとる間もなく、最終の患者様を見送る時には精根尽き果てる日も多々ありました。

そのような、ハードな修行時代に念願の息子、岳瑠(たける)は生まれました。しかし私と家内は修行中という身の上です。義父も他の弟子の手前もあり私たちを特別扱いするわけにもいかず、家内も修行と子育ての両立に苦労していいました。そのような状況を察し、息子の世話を進んで引き受けてくれたのが家内の妹でした。今でも親子共々の彼女には心から感謝しています。
 

 その後、私たちは独立し、彼女もイギリス留学を経て大阪で就職活動を始めた矢先のある日、悲劇は起こりました。

いつもの横断歩道、青信号になり渡っている最中に起こった突然の出来ごとでした。前方不注意と信号無視で飛び込んで来た車に追突され、彼女はその衝撃で車道に叩きつけられ・・・即死でした。加害者は定年退職したばかりの男性でした。

 これから社会人として羽ばたこう、女性として人生を輝かせようと願う想いは一瞬にして打ち砕かれました。この現実を表現するには言葉すらみつかりません。義父は治療家として名誉ある旭日双光章の受勲から、三ヶ月目の悲劇になりました。義父は自分の功績が国に認められたという人生の絶頂の時間と、娘が自分よりも先に逝ってしまうという、人生最悪の時間を同時に過ごす事になったのです。

 

 加害者である男性も定年退職後の、本来ならば悠悠自適になる時間を楽しめたはずです。それが自分の不注意で起こしてしまった事故の結果、残りの人生を苦悩の中で過ごす事になるということを想像もしていなかったことでしょう。交通事故は被害者も加害者も、双方を不幸に落とし入れます。怪我の大小に関わらず交通事故を経験された方なら、ご理解いただけると思います。
 

交通事故には専門のサポート体制が必須
 
 

 こういったケースは何も死亡事故に限った事ではありません。怪我の大小に関わらず発生しています。また、損保会社の担当者が故意に行うケースばかりではありません。中には医師や治療家が被害者を不利にしてしまう場合もあるのです。

 治療技術と法律の知識はイコールではありません。いくら治療技術が優れていても、法律の知識が乏しい故に、損保会社へのきちんとした応対が出来ない場合があります。また、患者様からの法律的な質問に答えられず、不安にさせてしまう事が、治療の妨げになる事もあります。

 

 

 

 さらに「むち打ち」などは、レントゲンやMRIなどの画像に何も映らないものがほとんどです。画像に映らなければ、整形外科では治療法がありません。何も映っていないのに手術するわけにはいかないからです。その結果、電気治療・牽引療法・痛み止め・シップ薬などの漫然とした対処療法になってしまいます。

 

「整形外科に通っているけど、一向に症状が良くならない」、これは整形外科の腕が悪いのではなく、症状と治療法のミスマッチなのです。整形は「外科」です。外科なので、手術が本来の業務です。当然、手術以外は専門外です。専門外の治療に対して、医師の技術レベルを問う事は意味がありません。

 

 当然ミスマッチのまま通院を続けても良くはなりません。場合によれば症状が悪化する事もあります。

 

 

 

 また、たとえ意味の無い治療であったとしても、損保会社には、治療は治療としてカウントされていきます。そして一定の治療期間を経過すれば、損保会社から治療の打ち切りを通達されます。その前にセカンドオピニオンとして、他の治療を選択する必要があります。

 こういった法律知識や適切な治療方法の知識がなければ患者様に不利益な結果となってしまいます。正しい治療が受けられない、治療半ばで通院できなくなってしまう、慰謝料が減ってしまう・・・。こういった事態を未然に防ぐためにも、ワンストップで相談できる交通事故専門のサポート体制が必要です。

 

 

「治療」「法律」「修理」「保険の見直し」のご相談~解決までを、ワンストップで!
 

 

 NPO法人ジコサポ(交通事故と労災をサポートする会にほん)愛媛県支部では、唯一の専門資格である「交通事故専門士」を取得しているスタッフが対応いたします。そして適切な治療のご提案・顧問弁護士や行政書士への法律相談やご依頼・技術力の高い事故車両の修理のご案内・保険の見直しや変更などのご相談に応じています。

 

 

 

治療:NPO法人ジコサポ愛媛県支部では「むち打ち」などの画像に映らない怪我の治療に特化している「道後はり灸接骨院」を併設していますので、その日からの治療が可能です。必要に応じて、歯科医院や高度な画像診断技術のある整形外科のご紹介もいたしております。

 

 

 

※併設している「道後はり灸接骨院」は、厚生労働省および国土交通省から認可のおりている正式な治療院です。医師の承諾の必要なく、自賠責保険・任意保険・労災保険を使用した治療が受けられます。また、慰謝料の計算も整形外科と同様です。当院の交通事故患者様への治療実績は中四国では最も多く、年間500名を超えています。臨床経験の豊富なベテラン治療家が担当いたしますのでご安心ください。

法律:損保会社への対応や過失割合などの法律相談を行っています。高度なご相談に対しては杉尾健太郎顧問弁護士をはじめとする交通事故専門の弁護士や行政書士など、法律のプロが無料のご相談に応じます。また、弁護士や行政書士への正式なご依頼もこちらでしていただけます。

 

※同じ弁護士や行政書士でも、交通事故の専門知識を持っている者とそうでない者では知識も技量も雲泥の差があります。特に紛争処理センターの無い愛媛県では、本物の交通事故専門の弁護士は皆無に近い状況です。しかし、NPO法人ジコサポ愛媛県支部では、全国から選りすぐりのエキスパートと顧問契約を結んでいますのでご安心ください。

 

事故車両の修理:自動車の修理といってもレベルが様々あります。NPO法人ジコサポ愛媛県支部では、県内でも最高の自動車修理技術を持つ修理工場をご紹介いたします。

 

保険の見直しや変更:いざ交通事故にあった時に役にたつ保険が眠っているかもしれません。また、かけておけばよかった保険があるかもしれません。それらを具体的に説明し、不備なところがあればアドバイスをさしあげています。また、現在加入している損保会社の対応等が悪い場合、より良い損保会社の代理店をご紹介しています。

 
一人で悩まないで、私たち「ジコサポえひめ」へご相談下さい!
 

 私たちNPO法人ジコサポ愛媛県支部「ジコサポえひめ」は、交通事故による治療・法律・事故車両の修理・保険の見直しや変更の無料相談窓口として、被害者・加害者に関わらず、交通事故でお悩みの方の駆け込み寺として社会に貢献して参ります。

 どうか一人で悩まないで下さい。まずは私たちにご相談ください。その為に私たちは日々努力を惜しみません。


     
  NPO法人ジコサポ日本 愛媛県支部長
    「ジコサポえひめ」代表 

       
香川 大輔

 


URL http://www.jikochiryou-ehime.com
住所 〒790-0856 愛媛県松山市南町2丁目8-12-101
電話番号 「ジコサポえひめ」へのご相談はこちら➡フリーダイヤル 0120-03-2538 「ジコサポえひめ」へのメールでのご相談はこちら➡jikosapo@jikosapo-ehime.com
交通事故の専門治療院「道後はり灸接骨院」への治療予約はこちら➡ 089-941-8883 
定休日 日曜・祝日
受付時間 9:00~12:00 13:00~19:00
ひとこと 治療・賠償・法律 どんなご相談も対応いたします。
<< 前のページ | | 次のページ >>

1~1/全1件 1/1ページ